​庭の雰囲気を保ち、自然環境に近づけるために、お手入れが必要です。

 

普段は、緑に囲まれた暮らしを色々とお楽しみください。雑木が成長して環境が整えば、山野草を植えて楽しむこともできます。秋の紅葉が終わると雑木は落葉しますので、ご近所や道路の落ち葉掃きは必要です。

雑木の庭は、日々変化していき完成はありません。その時その時で、どの様な手入れをしたら良いか判断して行います。大きくしたい雑木もあれば、なるべく大きさを維持したい常緑樹など、それぞれの庭で事情が違います。

 

剪定は、枝を途中から切るのではなく、枝抜きをします。数年経ち、幹が太くなり過ぎた場合は、一緒に育てた次の幹に更新します。※広大な庭であったり、近隣に迷惑を掛けない場所であれば剪定を行わなくても良いこともあります。

農薬散布は行いません。独自に開発した土壌改良を行い、植物が健全に生育出来る環境を作ります。​その結果、鳥や蝶、昆虫が自然とやって来て小さな生態系になります。​​

成長を抑える剪定:新葉が固まった後から梅雨までに。  ​株抜きなどの剪定:厳寒期が過ぎて新葉が出る前に。

もっと見る

東京都練馬区下石神井1-16-10 

☏03-6260-8728 ✉niwaraji@gmail.com