身近で育った雑木と野草をいかして、庭を小さな林に。​​

雑木が夏の陽を遮り木陰ができ、庭と建物に涼をもたらします。

夏の暑さがやわらぎ、快適な空間になります。

 

新緑や紅葉、楚々とした花や実、一年を通して自然の移ろいを楽しめます。

鳥や蝶、昆虫がどこからともなくやって来て、小さな生態系に。​​

バーベキューをしたり、庭で野菜や果樹を育てることも。

​作りすぎることのない、自然な庭をお楽しみください。

 

雑木とは、近隣の雑木林に自生する、アカシデやイヌシデ、コナラなどの落葉樹のこと。

なるべく身近で育った、その土地に合う在来種を提案しています。​​

自然と生えてくる野草は、なるべく残したいです。

イヌタデやイノモトソウ、オニヤブソテツなどのこと。

​食べられたり薬になるもの、楚々とした可愛い花が咲くものもあります。

 

 

庭の構造物は、国産の間伐材を使ってお作りします。​

 

板塀  縁台  園路  木戸  インターホン  ウッドデッキ  ベンチなど 。

駐車場も枕木で作製できます。

 

庭に木材で作ったものがあると、優しく落ち着いた雰囲気になります。

ウッドチップを敷き詰めることで、ヌカルミや乾燥防止に。

木材は、環境と人体に害がない特殊な防腐防蟻加工を施しています。

そのため安心して長くお使い頂けます。

 

 

庭のお手入は、年に1度はこちらにお任せください。

 

普段は、自然な緑に囲まれた暮らしを色々とお楽しみください。

秋の紅葉が終わると雑木は落葉しますので、道路やご近所の落ち葉掃きは必要です。

雑木の庭は、日々変化していきます。その都度、どの様な手入れをしたら良いか考えます。

大きくしたい雑木もあれば、同じ大きさを維持したい常緑樹など。

剪定は、枝を途中から切るのではなく、枝抜きをします。

農薬散布は行わず、独自に開発した土壌改良を行い、植物が健全に生育出来る環境を。

​その結果、鳥や蝶、昆虫が自然とやって来て小さな生態系に。​​

 

成長を抑える剪定:新葉が固まった後から梅雨までに。 

​株抜きなどの剪定:厳寒期が過ぎて新葉が出る前に。

60348522_1079572145584937_3442568497090002944_n (1) - コピー_edited_edited.jpg

 

 

​多くの方が自然な緑に囲まれた暮らしが出来るよう、創意工夫しています。

 

 

所在地  東京都練馬区下石神井1-16-10

業務内容 雑木と国産木材の庭づくり 

設計箇所 個人宅  集合住宅  幼稚園  学校  企業  公園など

資格   小型移動式クレーン  玉掛け  小型車両建設機 ※請負業者賠償責任保険加入

造園家  川崎慎之介  1975年生まれ 

学生の時に、地球温暖化やヒートアイランド現象に関心を持つ。

大学卒業後、土壌改良による樹木活性化の業務(特許第3137570)に従事。

20代半ばから造園会社に勤務。都内の造園専門校にて、造園実技と造園設計を学ぶ。

2008年、東京都練馬区にて独立、個人宅の庭づくりに従事。

 
  • Instagram