こんな庭

雑木と野草、自然素材をいかして、庭を小さな林に。

雑木が夏の陽を遮り木陰をつくり、庭と建物に涼をもたらし、夏の暑さを和らげます。

 

新緑や紅葉、楚々とした花や実など、一年を通して自然の移ろいを楽しめます。

鳥や蝶、昆虫がやって来て小さな生態系に。​​

庭で野菜や果樹を育てたり、バーベキューをすることも出来ます。

​作りすぎることのない、自然な庭をお楽しみください。

 

雑木とは

近隣の雑木林に自生する、アカシデやイヌシデ、コナラなど、自然樹形の落葉樹のことです。

なるべく身近で育った、その土地に合う在来種を提案しています。

​​※庭づくりで良く植える雑木は、こちらをご覧ください。

 

野草

自然と生えてくる野草は、なるべく残したいです。

イヌタデやイノモトソウ、オニヤブソテツなどのことです。

​食べられたり薬になるもの、楚々とした可愛い花が咲くものも。

自然素材

国産杉の間伐材で、木塀や縁台、ウッドデッキ、駐車場などをお作りします。

ウッドチップを敷き詰めることで、泥濘や乾燥防止に。元々あった自然石も利用します。

もっと見る

 

土壌の整備

雨水が土壌に浸透し、樹木が健全に育ち野草が生えて来る環境を整えます。

昨今の大雨でも、健全な土壌であれば地中に浸透していき、水溜まりが出来ることはありません。

 

舗装について

こちらでは、駐車場や通路を舗装しません。舗装された駐車場や園路の照り返しは、植物にとっても過酷です。

 

 

お手入

 

普段は、緑に囲まれた暮らしを色々とお楽しみください。

雑木が成長して枝葉を広げ、環境が整えば、山野草を植えて楽しむこともできます。

秋の紅葉が終わると雑木は落葉しますので、落ち葉掃きは必要です。

雑木の庭は、日々変化していき完成はありません。

その時その時で、どの様な手入れをしたら良いか考えて行います。

大きくしたい雑木もあれば、同じ大きさを維持したい常緑樹など。

 

剪定は、枝を途中から切るのではなく、枝抜きをします。

数年経ち、幹が太くなり過ぎた場合は、一緒に育てた次の幹に更新します。

農薬散布は行わず、独自に開発した土壌改良を行い、植物が健全に生育出来る環境を。

​その結果、鳥や蝶、昆虫が自然とやって来て小さな生態系になります。​​

 
 

 

作り手のこと 

ご家族だけでなく、近隣の方にも快適で癒しの場所になる様、日々努力しております。

代表:川崎慎之介  1975年生まれ

学生の時に、地球温暖化やヒートアイランド現象に関心を持つ。

大学卒業後、土壌改良による樹木活性化の業務(特許第3137570)に従事。

​都内の造園専門校にて、造園実技と造園設計を学ぶ。

20代半ばから造園会社に勤務、個人宅の庭づくりに従事。2008年、東京都練馬区にて独立。

業務内容:造園設計施工管理  樹木の販売

 

設計箇所:個人宅  集合住宅  幼稚園  学校  企業  公園など​​​

施工地域:東京都内

​​資格:小型移動式クレーン  玉掛け  小型車両建設機 ※請負業者賠償責任保険加入

住所:東京都練馬区下石神井1-16-10

 

 

お問合わせ

草鞋の庭づくりにご興味のある方は、お気軽にご連絡ください。

庭での楽しみや好みの植物を色々とお聞きします。一緒に良い庭を作りましょう。

✉niwaraji@gmail.com​ 

最初のお問合せは、メールにてお願いします。

 

☎03-6260-8728

​月曜日~土曜日 14時~18時